過払い金返還請求 無料相談フリーコール

40年の信頼と実績、経験豊富な司法書士が対応いたします。

ステップ 過払い請求をシミュレートしよう! 借入あるが住宅を買いたい 30歳 男性の例

過払金を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか。通常、過払金を取り戻すには、次の手順を踏みます。

人物設定

年齢・性別 30歳 男性
世帯構成 一人暮らし
借入先 3社
借入額 200万円
借入年数 8年間
1年目50万円
2年目100万円
3年目以降6年間200万円
金利 ずっと27%だった
手取収入 月20万円
ボーナス 1ヵ月分〜2か月分
貯金 なし
返済額 毎月6万円程度
希望 5年後くらいに家が買えないかと考えている

このような設定の方で、
過払い請求をするのが有利か、不利かを検討してみました。

結果

過払い請求しない場合

現在時点での借入金200万円は変わらず。 月6万円ずつの返済すると、5年3ヶ月で全額を返済可能。 その時点で借入申込み可能、ただし頭金ナシ

過払い請求する場合

現在時点での借入200万円は消滅。 逆に60万円以上の過払金を請求できる。 月6万円ずつ積み立てると、5年3ヶ月で378万円の積立可能。 5〜7年ほど借入ができないかもしれないが、頭金は400万円以上。

比較グラフ 過払い請求する場合VSしない場合

グラフ解説
A 00年8月 借り入れ開始、額は50万円。初めは、利息制限法を適用しても違いがない。
B 01年8月 50万円の借り増し。合計100万円になる。利息制限法を適用した場合、95万円強。早くも5万円弱の差額が生じている。
C 02年8月 100万円の借り増し。合計200万円になる。利息制限法を適用した場合、184万円強。15万円以上の差額が生じた。
D 08年8月 過払い請求を検討。業者との契約を続行すれば200万円の借入があるが、利息制限法を適用すれば、逆に64万円以上の過払いになる。差額は260万円以上
E 08年11月 業者への返済を毎月6万円ずつしていった場合、業者との契約を続行している場合は元本が195万円強残っている。過払い請求を行った場合、8割で交渉妥結、2割の手数料を除き、業者から過払い金が40万円手元に入ったとして58万円の積立ができる。計算上の差額が実体化した形である。
F 13年8月 業者への返済を月6万円ずつ続けていった場合、5年3ヶ月で完済できる。が、過払い請求をしていた場合、この時点で積立が420万円弱できている。これがそのまま差額になる。