過払い金返還請求 無料相談フリーコール

40年の信頼と実績、経験豊富な司法書士が対応いたします。

どうして「過払い」が生じるの?過払いとは何か

金融業者に返済し過ぎたお金を過払いと言います。債務整理と言うと、借り入れた人が金融業者に返済する交渉だと考えがちですが、私どもで扱っている債務整理の1〜2割は過払い、すなわち業者から過払金の返還を受ける交渉になっています。通常とは逆のお金の流れになるのです。もしかすると、あなたも知らないうちに過払いという財産を積み立てているかもしれません。

返済していたお金が・・・・戻ってくる可能性があります

次の2つのケースでどの程度の過払金が発生するかを見てみましょう。

■ケース1

50万円を10年前に借り(金利・年29.2%)、毎月金利分だけを返済してきた場合。毎月の返済分は、1万2千円前後になります。

年数 契約金利での計算 利息制限法での計算
当初 50万円の債務残 50万円の債務残
1年後 50万円の債務残 44万円弱の債務残
2年後 50万円の債務残 37万円弱の債務残
3年後 50万円の債務残 28万円弱の債務残
4年後 50万円の債務残 18万円弱の債務残
5年後 50万円の債務残  5万円強の債務残
6年後 50万円の債務残  9万円強の過払い
7年後 50万円の債務残 23万円強の過払い
8年後 50万円の債務残 36万円強の過払い
9年後 50万円の債務残 53万円強の過払い
10年後(現在) 50万円の債務残 67万円強の過払い

※計算上の数値ですので、この金額の満額が戻ってくるとは限りません。

この場合、6年後には過払金が発生し、10年後には借入額の50万円を越える過払金が発生しています。

■ケース2

100万円を10年前に借り(金利・年27.8%)、決まった金額を返済し続け、10年で完済した場合。毎月の返済分は、2万5千円弱になります。

年数 契約金利での計算 利息制限法での計算
当初 100万円の債務残 100万円の債務残
1年後 98万円弱の債務残 87万円弱の債務残
2年後 96万円弱の債務残 72万円弱の債務残
3年後 92万円弱の債務残 54万円弱の債務残
4年後 87万円弱の債務残 32万円弱の債務残
5年後 80万円弱の債務残  6万円弱の債務残
6年後 72万円弱の債務残 24万円強の過払い
7年後 61万円弱の債務残 53万円強の過払い
8年後 46万円弱の債務残 83万円強の過払い
9年後 26万円弱の債務残 113万円強の過払い
10年後(現在) 債務0円 142万円強の過払い

※計算上の数値ですので、この金額の満額が戻ってくるとは限りません。

この場合も6年後には過払金が発生し、10年後には借入額の100万円を越える過払金が発生しています。